よくあるご質問

アレルギーについて

Q 01.アレルギーとは?
A

アレルギーとは、簡単にいうと体の過敏な反応のこと。ヒトはからだの中に異物(ウイルスや細菌等)が入ってくると、その異物に対抗する物質を作って(抗体といいます)異物を排除しようとします。これを免疫反応といい、ヒトはこの免疫反応によって、様々な外敵から自分の身を守っています。しかし、この免疫反応が異物(抗原)をやっつけず、逆にその人の体を攻撃してしまうことがあります。このような反応をアレルギー反応とよびます。ダニや家のホコリを吸い込むと、皮膚がかゆくなったり、胸が「ゼーゼー」したりするような、さまざまな症状は、このアレルギーの反応によって引き起こされるものです。

一覧へ戻る▲

Q 02.アレルゲンとは?
A

アレルギー反応は、IgE抗体という抗体が「攻撃」の中心的な働きをしており、これに対応する抗原をアレルゲンとよびます。このアレルゲンがアレルギーの原因物質です。アレルゲンは主に吸い込んで体の中に入る「吸入性アレルゲン」と、食べ物として入る「食物性アレルゲン」とに分けられます。吸入性アレルゲンではホコリやダニ、カビ、花粉、ペットの毛やフケなどがあげられ、食物性アレルゲンでは卵、牛乳、小麦などがあります。アレルゲン物質との接触を避ければ、薬を全く使わなくても症状を緩和し悪化を防ぐことができます。

一覧へ戻る▲

Q 03.日本人の約35%がアレルギー?
A

アレルギー反応は強い異物の刺激があれば誰でもおこす可能性があります。今ではアレルギーに悩まされている人は日本人の3人に1人にもなると言われています。アレルギーによっておこる代表的な病気に気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症など)など多くの種類がありますが、ダニアレルギーなど、特定の物質に対するアレルギーの発症スピードは速く、しかも低年齢化してることも大きな要因になっています。また、かぜをひきやすく、かぜをひくとゼーゼー、ヒューヒューする、息が苦しくなる、湿疹ができやすい、かゆがる、くしゃみや鼻水を繰り返す、眼がかゆいなどの症状は、アレルギーによる病気のはじまりを示していることがあります。

一覧へ戻る▲

Q 04.喘息の原因のアレルゲンは?
A

喘息の原因となるアレルゲンはハウスダスト(ダニなど)です。またカビや動物の毛やフケなどもあり、吸入することによりアレルギー反応がおこります。喘息アレルギーを繰り返すと気道が過敏になり、アレルゲンがなくてもちょっとした原因で発作をおこすようになりますので、早めの環境改善が望ましいと考えられます。

一覧へ戻る▲

商品のご購入はこちら